晴れのち曇り
 来年は晴れ間が広がるか、それとも小雨模様になるのか…。去年の今頃は、2010年ドラフトは大豊作を予感させる勢いでしたが、今年一年でやや足踏み、がっかり模様になりつつあります。期待されていた大学生のスランプ、伸び悩みに加えて、社会人、高校生がいまひとつパッとしない。

 高校生ではPL・勧野選手が圧倒的な存在感を示してくれるものだと期待していたが、中スポの展望記事では44名の有力リストにすら入っていません。どうしちゃったのかな…。

 一方の社会人は日産・熊代、新日石・白井の両内野手が成長してくれるのではないかと期待しております。いや、彼らが頑張ってくれないと来年も長雨になってしまう…。

 そして引っ張ってくれるであろう大学生。人気が欲しい球団は彼に向かってくれるだろうし、マスコミも煽ってくれるだろうから(笑)、確実に、ピンポイントで本命を狙っていきたいところ。ただ、戦略が難しい。松坂世代の時は年初早々から各球団が意思表示を明確にし、相思相愛の雰囲気が出来上がってしまい、完全にドラゴンズは出遅れた。かと言って、欲しいと決めた選手が伸び悩み、後から彗星のごとく目玉が現れては困ってしまう…。さあ、どうするか。

 確認済みの中では、今のところ早大・大石投手、法大・加賀美投手、東洋大・乾投手、富士大・中村投手、中部大・石川投手あたりが狙い目か?あーにしても乾クンはもう少し成長してくれると期待していたのになー。
[PR]
by 2dstyle | 2009-10-31 20:01 | draft
<< 久々更新 ピックアップリスト 2009 >>