追いかけたい選手たち
 『日本一早い、2005年のドラフト戦線』のタイトルで小関さんの恒例のコラムが今年も始まりました。でも、『日本一早い、2005年のドラフト戦線』って意味がわからない…。つまり小関さんが、"『日本一早い、ドラフト戦線』をお届けする"って事でしょうか?スポーツ新聞が先に報じているのだから日本一じゃねーだろ!と言いたいけど、そんな事はどうでもいいや。(笑)

 個人的に追いかけたいのは次の選手たち。

 林裕也(駒大苫小牧高・二塁手)、長島一成(修徳高・三塁手)、福田力斗(銚子商・遊撃手)、松井佑介(大商大堺高・三塁手)。
 コラムの最後のところの抜粋ですが、小関さんが誰に注目しているのかが楽しみだったりします。このメンバーの中では、福田遊撃手に対してドラゴンズのスカウトが昨年コメントを残していたので気になる選手ですね。

 恐らく追いかけたい選手というのは、指名されるかは微妙かもしれないが、もしかしたらと感じさせる選手たちの事でしょう。そんな気になる高校生を私も挙げるとしたら、菊田純平(二松学舎大付・外野手)、上楽航(富山商・遊撃手)、柳裕太(日本文理・外野手)の三人かな。

 この三人の中では菊田外野手が昨夏に活躍し、スポーツ新聞などで既に取り上げられてましたね。投手も兼任しておりますが、パワフルなバッティングが魅力で、逆方向にも打球が伸び、脚も50m6秒ジャストとイチオシであります。今年ホークス入りした江川の身体能力をワンランク落とした感じでしょうか。

 上楽遊撃手は50m5秒9の俊足で、なかなか巧いバッティングをする三拍子の揃った好選手。昨夏の選手権大会にも出ましたが、体調を崩したか怪我か何かで不本意なままで甲子園を去ったと思います。

 最後の一人ですが、柳外野手のバットコントロールは高校生レベルでは天才だと思いましたね。とにかく凄かった。外よりのコースはきれいにレフト方向へ流し、インサイドのボールは力強く引っ張る。これを聞いたら嫌になるかもしれませんが、ジャイの阿部にそっくりな雰囲気でした。(笑)。ただ残念なのは、脚力が平凡で肩も弱いためプロからは評価され難いと思います。DH制のパリーグならバッティングを活かせるのですが…。
[PR]
by 2dstyle | 2005-01-21 23:28 | draft
<< 社会人野球・日本選手権大会 12球団獲得方針 >>