ドラフト2位の実力
 2年の夏に見たときの印象はオーソドックスな本格派。特別に凄いとは思わないが有力な上位候補、東海地区ではトップクラスだろう、と。春になり、全国レベルの名前と比較すると、成長次第では確かに1位もあるかもしれない。そう思うようになった。

 センバツでは東浜投手がこれまでの沖縄の選手のイメージを覆すような柔らかなフォームを披露。これには敵わないと評価を下げる。そしていつ頃だったか、怪我をしていて昨夏以来ピッチングをしていないという記事を読んだ。大丈夫なのか?

 そして最後の夏。地方大会でも負けてしまいもう見ることは無いだろうと思っていた矢先、地元で東海地区の特集番組が放送された。見てみる。体格は一回り大きくなったか?でも大荒れだ。怪我が完治し切っているのか分からないが、ピッチングの感は戻ってはいない。そんなところだ。

 間違いなく良い投手ではある。故障が完治し、プロとして色がだせれば日本のエースも夢ではないだろう。背番号18に期待も込めて。
[PR]
by 2dstyle | 2009-01-18 02:40 | draft
<< ピックアップリスト 2009 見通し >>