全日本大学野球選手権/投手編 2
 その他の4年生はというと、上武大の左腕・永井投手の手足が長くてタイミングを外すテクニックや、九産大・黒岩投手の140キロ中盤のストレートにも注目しました。関東学院大・内田投手は状態が悪く、ダルそうなピッチングで残念でした。万全の投球を見てみたい。

 3年生で密か注目しているのが奈良産大・ショウ一傑投手。決してスピードが出るわけでも、しなやかなフォームでもないのだが、四隅に決められる制球力が抜群に良い。落ち着いたマウンド捌き、連投にも耐えられそうな体格、球威で勝負するタイプとしてドラゴンズに欲しい。中位で獲れないかな、岡本の後継者として。

 驚かされたのは札幌大・黒羽投手。長身187センチでなんと公式戦初登板!の3年生。何故初登板なのか分からないくらい素晴らしいピッチングでした。経験を積めば伸びのあるストレートが活きてくると思うよ。

 もう一人、四国学院大・濱田投手は長身190センチの1年生左腕。まさに那須野そっくり。まだまだ120キロ台のストレートだが低めに決まると角度があり、順調に成長すれば隠しダマ的な存在になるだろう。
◆ その他に気になった選手

榊原諒  関西国際大 3年
西村憲  九産大 3年
大塚豊  創価大 2年
岩尾利弘 別府大 2年
小川優  愛知学院大 1年

[PR]
by 2dstyle | 2007-10-28 18:02 | draft
<< ファーム日本選手権 全日本大学野球選手権/投手編 >>