ファーム日本選手権
 山形で行われたファーム日本選手権。クライマックスシリーズでジャイアンツとの対戦前とあって、絶対に負けられない前哨戦ともいえる試合…でしたが、いつもvsタイガース戦を見ているからか、こんなものかという印象でした、ジャイアンツは。

 先発は川井。全然ダメです。ここには書いてないけどその前に見た試合も良くなかった。腕が振れなくなるんだよね。ピンチになると浮き足立つのも相変わらず。高橋聡文の腕の振り、四球を恐れない大胆さが彼にほんの少しでもあればなと思う。

 2番手には吉見。この試合を見ていて彼には中継ぎが適任ではないかと感じた。球数が増えるとどうしてもシュート回転して球筋が悪くなるのだが、立ち上がりは140キロ中盤のいい球を放る。どうだろ?

 ひとり格の違いを見せ付けていたのが堂上兄で、彼の一発から打線に火がつきました。平田も存在感がありますね。ただ、もたもたと後方のボールを追いかける守備面は不安です。高代コーチは本音かリップサービスか「センスがある」と仰っているが…。

 もう肩の不安は解決済みなのだろうか?上達の余地はあるとして、上手いなら、いま使えるのなら、日本シリーズで中堅として起用してほしいよ。あれならそう思うよね。(笑)

 数年後のセンターラインは決して盤石ではない。
[PR]
by 2dstyle | 2007-10-29 23:55 | dragons
<< ピックアップリスト 2007 全日本大学野球選手権/投手編 2 >>